返回列表 回復 發帖

レスポートサック リュック

「そんな適当な」 というハルの言葉と共にシエルは着陸し、「行くぞ」 里奈は躊躇することなく、そこから外に跳び下りたのだった。レスポートサック リュック
 騎士団は援軍の到着に落ち込み気味だった士気が上がり、達はシエルを遠巻きに観察している。レスポートサック 財布
    ***** シエルが降り立った場所は、戦闘を行う騎士団とから百メートルほど離れた平地。もちろん、シエルの存在には両者とも気付いている。クロックス パンプス楽天
(……燃えてくるじゃないか) だが、その状況が里奈の闘争心に火をつけた。「援軍要請はしなくていい。予定通り、私達だけで依頼を遂行する。ただ、一応報告だけはしておいてくれ」レスポートサック ハローデイジー
「っと……さて」 シエルから跳び降りた里奈は戦場に目を向けた。彼女はこれからルクセール騎士団の総隊長の元に向かって、援軍が来た旨を伝えなければいけない。「まぁ、その前に……一発かましておくか」 右腕を回転させながら楽しそうに口の端をつり上げる里奈は、「ふっ」 一息で凄まじい氣を右腕に溜めた。 この時の里奈から醸し出されたオーラには、遠く離れたですら震え上がった。自分達より強い≪捕食者≫がいる、と本能で感じ取ったのだ。 だが、気付いた時にはすでに遅い。「[豪・虎砲弾]」 里奈はその右腕をの大群の横っぱらに向けて、一気に振り抜いた。 ゴウゥ!! と、大地を揺るがす音が響く。 互いの距離は百メートル以上あった。にも拘らず、≪グループ試験≫でハルに放った[虎砲弾]とは比べ物にならない威力の[豪・虎砲弾]は数瞬での大群の中腹を抉った。http://www.crocsshoes.asia「了解しました。後ろは気にしないで、存分に暴れてください」「蓮華はサティの補助。絶対に下に降りるなよ」クロックス サンダル「は、はい!」 力強く頷く蓮華を見てから、里奈は甲板の先頭に立って残りの四人を見渡した。「お前達には特に言うことはない……適当に暴れろ」クロックス スニーカー
「あの[クロプス]の数、五百なんてもんじゃないぞ」『今、魔物の数を調べましたが……報告の四倍、およそ『二千』の[クロプス]が押し寄せています』レスポートサック バッグ
『わかりました』 放送が切れるのと同時に、里奈はサティと蓮華に目を向けた。「シエルの護りはサティに任せる。頼んだぞ」クロックス パンプス楽天
「二千か……途中でいくつかの群れと合流したな」『蒼の騎士団に援軍を要請しますか?』 二千の魔物を相手にするような依頼は、本来東京の≪蒼の騎士団≫が対処する。この依頼は学園生が行うようなものではなくなっていた。クロックス スニーカー
関連記事:

  
   http://ko1786.110mb.com/viewthread.php?tid=2628556&extra=page%3D1&frombbs=1
  
   http://www.cocominfans.tk/bbscn/forum.php?mod=viewthread&tid=784886
  
   http://click2quit.info/viewthread.php?tid=43437&extra=
返回列表